正しいニキビケアについて

ニキビはやく80パーセントの方が1度は悩んだことがある肌トラブルで、ホルモンバランスが崩れると発症し、その発症したニキビに雑菌やアクネ菌が増え、ニキビによる肌荒れが悪化をしていきます。

成長ホルモンとニキビの関係

成長ホルモンが活発になると皮脂腺を刺激し、皮脂の量が増えます。皮脂が毛穴から排出されなくなると、毛穴の中に皮脂や角質細胞がつまりニキビが出てきます。 この症状は思春期に良く見られます。しかし最近では、ストレスや不規則な生活を繰り返すことにより、大人でもホルモンバランスを崩し大人ニキビを発症するケースが多くなってきています。そのような問題を抱えながら間違った方法でニキビケアする人が多くいます。 洗顔で患部の油分を落とせば良いと思い、油分の少ない化粧水や洗顔後に化粧水や乳液をつけなかったりするというようなものです。 必要な油分まで洗顔で洗い落としたあとは必ず油分を補うことが必要で、肌に必要な油分が不足すると角質が再生されにくくなり肌のトラブルを悪化させてしまうというケースがあります。

スキンケアはバランスが大事

人の肌は水分と油分がバランスよく保たれていて、なおかつ保湿のケアをしてやれば肌のターンオーバーが正常に行われ、ニキビの出ない肌になります。 ですから脂分を洗い落とすだけではいけません。肌の保湿ケアを十分にすることが大切なのです。 ニキビを防いだり、ニキビが発症している場合のニキビケアについてはまず、自分の肌質が普通肌か、脂性肌か、乾燥肌か、敏感肌か、混合肌かなど、どのタイプに当たるかを確認することが大切です。 敏感肌の場合、アレルギー反応が出やすい肌なので保湿をする時に使うスキンケア化粧品にはパッチテストなどを行う必要があります。 脂性肌はニキビが出やすい肌なので十分なケアが必要となります。
ニキビの治し方の関連記事一覧
ニキビができてしまったときのニキビケアについて
ニキビケアに難しさについて
早く治すニキビケアの方法について
正しいニキビケアについて