ニキビができてしまったときのニキビケアについて

ニキビは目に見えない大きさのケア他のつまりから始まり、進行していきます。 まだその段階ではニキビの卵のようなものですが、それが成長すると白ニキビ、黒ニキビになります。毛穴の常在菌であるアクネ菌の増殖で炎症を起こしてしまいます。 それを放っておくと毛穴の壁にあたる毛包の組織が壊されて炎症が進展しひどくなります。赤く盛り上がって赤ニキビになったり、膿がたまって膿ニキビとなります。 そうなるとニキビ痕が残るほどになってしまいます。そうなる前にニキビケアを皮膚科を受診して行うことが大切です。 以前は抗生物質の飲み薬や塗り薬による治療が主流でしたが、今はまず第一段階の毛穴の詰まりを取り、新しいニキビができにくい肌質を作ることが治療の基本となっています。 つまり、理想はニキビができる前からそのような肌質をつくる努力をしすることです。

ニキビ跡を残さないために

それが難しい場合はニキビ痕を残さないために、炎症を起こす前の白ニキビや黒ニキビの段階で治療を始めることです。 炎症を起こして赤ニキビになってしまっても、あきらめずに治療をやめてはいけません。 治療はまず医師がカウンセリングを行って、患者さん自身がどうやって治しておきたいかなどを話し合っていきます。 海外の皮膚科でよく使用される塗り薬やケミカルピーリングや光やレーザーなどによる治療もあります。 そして大切なのは生活習慣で、ニキビができやすい生活も同時に改めなくては、治療の効果も半減してしまいます。 暴飲暴食や睡眠不足、ストレスなどもニキビができる原因になりますので、生活面でも医師からのアドバイスを受けてみましょう。 ニキビケアには信頼できる皮膚科を見つけて、普段から肌の調子を気軽に診てもらうようにしておくことです。
ニキビの治し方の関連記事一覧
ニキビができてしまったときのニキビケアについて
ニキビケアに難しさについて
早く治すニキビケアの方法について
正しいニキビケアについて