ニキビと乾燥について

女性にとって、肌に現れるトラブルは憂鬱のたねで、多くの女性が肌トラブルを回避しようと日々スキンケアに励んでいます。

ニキビの原因と対策

しかし、いくらケアをしていても完全に避けるのはなかなか大変で、そのなかでも最も女性たちを悩ませるのがニキビです。 十代で出来るものはホルモンバランスの変化による皮脂分泌の活発化が原因の場合が多く、適切な洗顔方法などを実践しケアすれば、成長とともに自然と回復していきます。 一方で成人してから出来るものは、ストレスによるものや睡眠不足によるもの、偏った食事によるものなど、その原因はひとそれぞれです。 それゆえに、どのような対策をとれば改善にむかうのか、特定するのが困難な場合がほとんどです。 本来なら、素直に専門医の指示をあおぐのが良いのですが、なかなか病院に行く時間がないひとや、わざわざ病院に行くほど深刻でもないというひともいます。 考えられる原因を徹底的に潰していったにも関わらず、良くなる気配がないというひとは、肌がしっかり潤っているかを確認してみるのがおすすめです。

肌が乾燥してしまうとどうなるか

肌は乾燥すると、肌本来のバリア機能を発揮することが出来なくなり、それをカバーするために角質を急ピッチで生産します。これを角質肥厚といいます。 このような状態になると、厚くなった角質が毛穴を塞いでしまい、皮脂が排出出来ず詰まってしまいニキビが発生します。 ニキビの原因は余分な皮脂である、という考えに縛られていると、皮脂分泌を抑制する作用のある化粧品を使いすぎてしまったり、清潔にしなければと必要以上に洗顔をしてしまったりと、肌の乾燥を誘発しやすい間違ったケアに陥ってしまう可能性が高いのです。 保湿化粧品は、配合されている油分の質や量に注意して選ぶと、新しいトラブルに悩まされることなく乾燥対策することが出来ます。
ニキビの原因の関連記事一覧
ニキビと美白スキンケアのワンポイント
ニキビが出来ても気にせずまず相談しましょう
ニキビと乾燥について
痛いものに変化するニキビ
ニキビケアの化粧品の使い方